ブログトップ

ピラテスと食事

よくTPDSに通われている方から、こんな質問を受けます。
 
  「食事はトレーニングの前? 後? どっちがいいんですか?」
  「ピラテスの後、お腹が空いて食べ過ぎてしまうんですけど・・・」


いつも「出来れば、前後一時間を避けてくださいね」とお話しています。
これは、運動後の代謝上昇の関係から、食べた物を吸収し過ぎない様にという観点からの答えなのですが、この機会に色々調べてみました。

d0010742_1520259.jpg


ダンベル体操で有名な鈴木正成教授によると、、、
食事後に体温が上昇する反応であるDIT反応(食事誘発性体熱産生増大反応)は、「太る」「やせる」という体質に大きく影響しているといいます。DITが大きいほどやせやすいのだそうです。
この観点からは、食事の前にトレーニングを行うのがよい、とされています。
逆に食事後のトレーニングはDITに影響しないと報告されています。

そして、運動後に食事をとる場合は、自律神経支配の切り換え、内分泌系の切り換えなどの問題で、30分以上あけるほうが望ましいといえます。

また、食事後に運動をする場合は、上記の理由に消化・吸収などの状況を考慮し、2時間以上あけることが望まれます。健康運動指導士:中原雄一氏のコメントより引用しました


ということらしいです。他にもいろいろありまして、諸説あるようですが、
私的結論は
『運動前後の1時間の食事はなるべく避ける』という、最初の答えに行き着きました笑。

皆さんも減量を目的にピラティスを行う場合は、食事を摂る時間も工夫してみると効果が早く現れるかもしれませんね^^。

                                   by makiko


d0010742_15292811.jpgTERU Pilates & Dance School 
テル ピラテス&ダンススクール
北海道札幌市中央区南1西22ビルド裏参道2階
tel 011-633-0001

[PR]
by t-pilates | 2006-06-23 15:33 | スタッフ日記